私達を選びます
理解がもっと多いです
パートナー
三井住友銀行
ダイキン工業株式会社
リコーグループ企業
サービス範囲
ニュースの情報
2021-2-23
       宮崎大学で、コロナウイルスを奮う中、ウイルスの拡散防止に取り組んでいますが、勉强や課外活働などの制限があり、学生たちは不安な日々を過ごしています。多くの学生は、アルバイトができないことで日常生活に困っています。スマートグリッドホームの三宅邦夫社長は事情を聞いて、コロナウィルスとの戦いを支援するため、宮崎大学に2000万円を寄付して、多くの学生は困難に乗り越えられるように励んでいます。


       寄付金は学術奨学金として、宮崎大学の人材育成と教学研究の発展に協力します。教育研究を一層向上させ、学術の発展と人材の育成を図るとともに、宮崎大学におけるコロナウィルスの予防・管理を支援します。スマートグリッドホームの三宅邦夫社長によると、企業は教育事業の発展を支援する社会的責任者の一員として、当然のことながら責任を負うべきだと思います。学生に自信を持ってもらい、コロナウイルスとみんなで戦うように勇気を付けました。

       「人材資金援助は直ぐに利益になる事業ではありせんが、長年から見ると意味が非常に持つと考えれています。今回の寄付金は学校にとっては少ないかもしれませんが、寄付を通じて学生たちにもっと社会的な関心を持つように引き寄せられると考えています。私たちの行働は、より多くの社会の力が人材のために、教育のために、社会のために、未来のために心を尽くし、力を出し、社会の責任を担っていくことを望んでいます。」スマートグリッドホームの三宅邦夫社長が言いました。

       スマートグリッドホーム株式会社は産学協力を非常に重視しており、宮崎大学と学術面で緊密な交流があるため、スマートグリッドホーム株式会社と宮崎大学の連携がさらに深まることが期待されます。


2021-2-23
      太陽光発電投資の優れているところをまとめると、大きく分けて二つになります。


      ①最もシンプルで耐久性が高い点です。

      太陽光発電は発電パネルを並べるだけの単純な構造で、どこにも動く部分がありますん。

      それに比べて、風力発電や水力発電は風や水の力で大きなプロペラや風車·水車を回し、その力で発電機を動かして電気を作ります。

こう書くと簡単そうに思えますが、プロベラや風車·水車が受けた力を発電機まで伝えるには、歯車などで回転数や回転方向を変えるなど、複雑な仕組みが必要です。

      また地熱発電やバイオマス発電はさらに複雑で、地熱や生物資源を燃やして得た熱エネルギーで高温·高圧の水蒸気を作り、それをタービンという一種の羽根車に吹き付けることで力に変え、発電機を回します。

      高温·高圧の水蒸気は、ひとつ間違えると大きな事故につながる畏れがあり、常時システムを監視し、不具合が起こればすぐに対処できる体制を作っておかねばなりません。

      ②再生可能エネルギーの固定価格買取制度によって、20年間にわたって国が電力の買い取りを保証しています。

      ほかの再生可能エネルギーによる発電に比べて壊れる可能性が低く(耐久性が高く)、管理コストの低い太陽光発電だからこそ、個人で太陽光発電所を作り、売電して収入を得るという太陽光発電投資が可能になるのです。

      しかも太陽光発電所で発電した電気は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度によって、20年間にわたって国が電力の買い取りを保証しています。ここが、太陽光発電投資がほかのどのような投資案件よりも優れていると私が考える、もうひとつの理由です。


      いま、太陽光発電投資は日本だけでなく、海外の投資家からも注目を集めています。私のところにも、たくさんの外国人投資家から問い合わせが来ています。そんな海外の捜資家に、なぜ日本の太陽光発電投資に興味を持つたかと聞くと、答えは皆同じで、「20年間、日本国が買い取り保証してくれるから安心」というものです。
2021-2-23
       まず、年間利回りを考えてみましよう。初期投資は1650万円ですから
       ★{170万円(年間売電収入)13万円(年間経費)}÷1650万円(初期投資額)=0.083
       となり、年間利回りは軽く8%を超えます。現在のところ、同程度の金額を投資して、8.3%の利回りが期待できるような事業はそうはありません。もちろん後に述べるようにリスクはありますが、事業として十分に成り立つ上、投資としても旨味があることがわかります。

20年間の収支を見るために、先ほどの式に金額を入れてみましよう。

★3400万円(20年間の売電収入の総額)—1650万円(太陽光発電所を作るための初期投資額)—660万円(ランニングコスト)=1090万円(利益)

 20年間で、ざつとこれだけの利益が出る計算です。初期投資を回収した上で年間に直すと、54.5万円もの利益が出るのです。しかも3年間の固定価格買取制度は国が保証している制度ですから、金融機関から融資を引き出す際にも有利に働きます。

Copyright © 2019  スマートグリッドホーム ,Inc.All rights reserved.  サイトマップ    合計IP:89228   今日IP:25