ニュース内容
現在位置:HOME > ニュース > ニュース内容
学校と企業連携のモデルは大連スマートグリッドホームにとっての重要性
出所:ピンク少女
期日:2020/5/7 印刷します 訪問数:50 フォント:T T
      近年、産業のアップグレードに伴い、企業は専門人材に対する要求が拡大し、研究型、技術型の人材不足の問題も深刻になる。中国のような労働力大国では,同様に構造的な人材不足問題が存在する。大連スマートグリッドホームは中国での発展も日増しに深刻化する人材供給は大いに不足している問題に直面しており、三宅邦夫社長は会社の長期的な利益のために、学校・企業の連携モデルを採用し会社に専門的な人材を育成・蓄積し、会社未来の発展ために予備人材が多数育成された。

      学校と企業の連携は市場のニーズを指向し、社会にサービスを提供することを目標とする運行体制だ。学校と企業を連携するというウィンウィンのモデルにより、双方の協調発展、共同拡大を実現できる。企業のニーズから分析した結果、学校と企業の連携が企業に積極的な影響をもたらし、優位性は主に以下のように現れている:

①企業の技術革新
②企業の競争力向上
③企業の人材蓄積のいい影響
④企業の経済効果の明らかな向上

      そのため、学校と企業の連携モデル会社の人材戦略に符合し、このモデルは従業員の募集、採用のコストとリスクを削減できる。学校は我社の必要に応じて関連の教育モードを利用し、専門の人材を育成し優秀な予備人材を蓄積する。学校・企業の連携モデルを通じて、大連スマートグリッドホームは未来の市場競争の中で先制のチャンスを掴み、飛躍的な発展を勝ち取ることができると信じる。

上1条:   現在は最初です
下1条:   大連スマートグリッドホームが学校・企業と提携、中国の農業変化の潮流に参加
Copyright © 2019  スマートグリッドホーム ,Inc.All rights reserved.  サイトマップ    合計IP:74176   今日IP:4  Design:ピンク少女