ニュース内容
現在位置:HOME > ニュース > ニュース内容
三宅邦夫社長宮崎大学でコロナウィルス対策に協力
出所:ピンク少女
期日:2021/2/23 印刷します 訪問数:529 フォント:T T
       宮崎大学で、コロナウイルスを奮う中、ウイルスの拡散防止に取り組んでいますが、勉强や課外活働などの制限があり、学生たちは不安な日々を過ごしています。多くの学生は、アルバイトができないことで日常生活に困っています。スマートグリッドホームの三宅邦夫社長は事情を聞いて、コロナウィルスとの戦いを支援するため、宮崎大学に2000万円を寄付して、多くの学生は困難に乗り越えられるように励んでいます。


       寄付金は学術奨学金として、宮崎大学の人材育成と教学研究の発展に協力します。教育研究を一層向上させ、学術の発展と人材の育成を図るとともに、宮崎大学におけるコロナウィルスの予防・管理を支援します。スマートグリッドホームの三宅邦夫社長によると、企業は教育事業の発展を支援する社会的責任者の一員として、当然のことながら責任を負うべきだと思います。学生に自信を持ってもらい、コロナウイルスとみんなで戦うように勇気を付けました。

       「人材資金援助は直ぐに利益になる事業ではありせんが、長年から見ると意味が非常に持つと考えれています。今回の寄付金は学校にとっては少ないかもしれませんが、寄付を通じて学生たちにもっと社会的な関心を持つように引き寄せられると考えています。私たちの行働は、より多くの社会の力が人材のために、教育のために、社会のために、未来のために心を尽くし、力を出し、社会の責任を担っていくことを望んでいます。」スマートグリッドホームの三宅邦夫社長が言いました。

       スマートグリッドホーム株式会社は産学協力を非常に重視しており、宮崎大学と学術面で緊密な交流があるため、スマートグリッドホーム株式会社と宮崎大学の連携がさらに深まることが期待されます。


up:   現在は最初です
next:   太陽光発電投資の優れている
Copyright © 2019  スマートグリッドホーム ,Inc.All rights reserved.  サイトマップ    合計IP:104891   今日IP:62